ウィッグのサイズはなるべく小さくしよう

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ ウィッグ被り方 ウィッグのサイズはなるべく小さく
医療ウィッグプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

ウィッグのサイズはなるべく小さくしよう

ウィッグのサイズはなるべく小さくしよう

医療用のウィッグ(かつら)を選ぶ際に、サイズをなるべく小さめに選ぶ事をオススメ致します。 理由として、抗がん治療における脱毛の進行は個人差がありますが、購入時に決めた状態より脱毛が進行していくと、購入したウィッグに対して、どうしても寸法が小さくなってしまいます。オーダーメイドで採寸をしていたとしても、実際は脱毛の進行によって都度採寸が必要になってしまうのが現状です。ウィッグのサイズは帽子を購入する際にサイズを選ぶ感覚で決めると良いのですが、医療用で購入するのであれば、少し小さく考える事をオススメします。  
 ●ウィッグ(かつら)を自然に装着する豆知識
 ●同一のウィッグ(かつら)を毎日装着する事について
 ●ウィッグ(かつら)のサイズはなるべく小さく
 ●ウィッグ(かつら)装着時の額の間隔について
 ●ウィッグ(かつら)ピンの装着について
 ●バレるウィッグ(かつら)、バレないウィッグ(かつら)
 ●清潔な頭皮を保つ為のガーゼキャップ
 ●ウィッグをテープで装着する方法について
 ●ウィッグを装着して困る天気
 ●固定式装着と着脱式装着の違い
 ●ウィッグの固定方法について
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先
抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 

医療用ウィッグ(かつら)専門店 プレジール商品一覧プレジールウィッグへ初めてご来店した方へのご案内

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ