爪障害による副作用について/抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ 抗がん剤の副作用爪障害による副作用
医療ウィッグプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

爪障害による副作用

抗がん剤の副作用について

爪障害による副作用

抗がん剤治療による副作用の症状として、爪に様々な障害をきたす爪障害という副作用の症状が、1990年代半ばぐらいから日本でも起こり始めています。使用される抗がん剤の種類により副作用の症状は変化しますが、爪障害が起こりやすい病状としては、乳がんの後が多いようです。爪障害自体は副作用の症状として、敗血症などにより症状をひどく悪化させなければ、まず命に別条がある副作用ではありません。しかし抗がん剤の投与を重ねていくうちに副作用の症状が悪化しますので、油断は禁物です。爪障害の初期症状としては、黒ずんでくるような状態で、数回の抗がん剤投与を行ううちに、爪に痛みをきたす事から物が持ちにくくなる等。毛髪は脱毛が進行しても医療用のかつらを装着するなど代わりがありますが、爪の部分にはかつらのような代替え品はありません。ひどいケースでは爪障害の副作用が激しすぎる為、抗がん剤投与を一旦見合わせるケースも多々あります。



 ●抗がん治療と医療用ウィッグについて
 ●子供の抗がん治療について
 ●味覚・嗅覚低下の抗がん剤副作用
 ●副作用による皮膚への影響について
 ●爪障害による副作用
 ●手足症候群による副作用
 ●口内炎の副作用
 ●抗がん剤の副作用による吐き気について
 ●抗がん剤の副作用による食欲不振について
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先
抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 
医療用ウィッグ(かつら)専門店 プレジール商品一覧プレジールウィッグへ初めてご来店した方へのご案内

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ