抗がん剤治療後に起こる自毛の変化について

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ 円形脱毛症の原因 治療後の毛髪の変化
医療ウィッグプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

抗がん治療後に起こる自毛の変化

円形脱毛症の原因について

抗がん剤治療後におこる自毛の変化

抗がん剤の治療を行うと、個人差はありますが約2週間程度で脱毛が進行し、抗がん剤の治療を終えたのちに再び自毛が生え揃います。脱毛後に生え揃った自毛が、以前の自毛と比較して変化があったと言われる方が多いようですので、主にどのような変化が多いのかをまとめてみました。依然と多い解答例としては依然と比較して【くせ毛になった】と【毛髪が細くなった】の回答が多いようです。逆に【毛髪が太くなった】といった回答は、ほとんど見受けられませんでした。くせ毛になったといった例の多い理由として見受けられるのが毛穴の形状が変化したという事でしょうか。毛穴の形が綺麗な円ではなく、楕円等になっていると毛髪が伸びる際に抑えつけられながら伸びる状態となっている事からくせ毛になりやすいとも言われています。やはりこういった事の改善を求める上でも、食生活の改善を第一に進めて、せっかく生え揃う自毛を大事に促進させていきたいものですね。
 ●脱毛症の種類について
 ●円形脱毛症の自己診断方法について
 ●髪の毛が伸びる速度
 ●円形脱毛症の予防について
 ●育毛と発毛の違いについて
 ●ホルモンの影響について
 ●治療後の毛髪の変化について
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先
抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 
医療ウィッグプレジール商品ページ入口医療用ウィッグプレジールへ初めてご来店した方へ

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ