総手植えと機械植えの違い

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ 医療用ウィッグとは 総手植えと機械植え製の違い
女性かつらプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

総手植えと機械植え製の違い

医療用ウィッグについて

総手植えと機械植え製の違いとは

医療用ウィッグやファッションウィッグにおいて、ネットの部分に毛髪を植え込む作業を行うわけですが、植え込み方には総手植えと機械製の2パターンが主に存在します。植え込みを総手植えで行う手法は、主に医療用として取り扱われているウィッグで多く見かけられる手法で、職人さんが1本1本の毛髪を編みこんでいく作業を行っています。この作業は大変な労力で、実際に熟練した職人さんが取りかかっても、1つのウィッグを作成する期間に2〜3日はかかります。しかし、労力の反面作成されたウィッグは通気性や見た目の自然さ、軽量等に優れている為、品質を重視する医療用ウィッグではよく使われている手法です。それに対し機械製の植え込みは、短期間に大量の毛髪植え込みを行える事が最大の特徴です。実際私どもが商品を選定・仕入する際も、機械で植え込まれた商品を仕入れする方が、はるかに安価で仕入できます。ファッション用のウィッグで購入検討されるのであれば、こちらのウィッグでも十分に満足のいくものに仕上がっているのではないでしょうか。プレジールウィッグとしては、医療用ウィッグを取り扱うにあたり、現在の仕上がり技術で考えると、総手植えの方がより良い商品提供が出来ると判断しています。しかし今後更なる技術の向上で、機械製の仕上がりが格段によくなるのであれば、こちらでの商品取り入れも検討する事があるのではないかと考えています。


 ●脱毛中にお客様が気になった事
 ●医療用ウィッグ(かつら)の寿命について
 ●総手植えと機械植えの違い
 ●抗がん治療に医療用ウィッグ(かつら)が必要?
 ●脱毛中にオシャレを楽しむ
 ●医療用ウィッグの選び方
 ●医療用ウィッグの買い替え時期について
 ●医療用ウィッグを安くご提供出来る理由
 ●医療用ウィッグの必要性・それ以外の対処方法
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 
医療ウィッグプレジール商品ページ入口医療用ウィッグプレジールへ初めてご来店した方へ

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ