昔のかつらと今のかつらの違い

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ ウィッグの歴史 昔のかつらと今のかつらの違い
医療ウィッグプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

昔のかつらと今のかつらの違い

ウィッグの歴史について

昔のかつらと今のかつらの違いについて

日本で昔扱われていたかつらについてですが、昔と言ってもかつらの歴史は考えているよりはるかに長いものです。ここでいう昔とは、何百年も前ではなく、数十年前程度の歴史です。私が子供のころ(言わないといけないのですがあえて年数はご想像で・・・)のかつらと言えば、オシャレを楽しむというイメージよりは、笑いを誘うアイテムに扱われたり、徹底してバレてはいけないイメージだったりでした。今でいうオシャレ感覚で使用するファッションウィッグ等は、当時のイメージで考えると想像出来なかったはなしです。かつら自体の使用として、今のかつらより毛量がかなり多いものが多く、これを使用すると、被った際にモサっとしたイメージになってしまいます。
髪型は男性で七三が主流だった事もあり、メインは七三のものでした。女性が使用するかつら(今でいうウィッグ)は、当時は現在と比べて、出回っている量が圧倒的に少ないものでした。これからのかつらは、諸外国と同様にもっとオシャレ感覚を楽しめるアイテムになるのであろうと勝手に予想しております。
プレジールウィッグの取り扱う商品も、お客様が安易に購入出来る状況へ、より近づけるようこれからも全力で取り組んでいきたいと思います。

 ●ウィッグ・かつらへの考え方
 ●昔のかつらと今のかつらの違いについて
 ●ご存じですか、頭髪の日
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先
抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 
医療ウィッグプレジール商品ページ入口医療用ウィッグプレジールへ初めてご来店した方へ

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ