抗がん剤治療と医療用ウィッグについて

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ 抗がん剤の副作用抗がん治療と医療用ウィッグ
医療ウィッグプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

抗がん剤治療と医療用ウィッグについて

抗がん剤の副作用について

抗がん治療に医療用ウィッグは必要なのか

抗がん剤の治療を始めますと、その日から体調の変化が始まります。抗がん剤を服用する事により、体内のがん細胞をおさえる役目を果たしますが、同時に正常な細胞まで攻撃してしまう事が副作用の要因になります。脱毛の副作用だけを挙げますと、通常2〜3週間で脱毛が始まると言われていますが、もちろん個人差もあります。同時に頭皮にピリピリした感覚が起こる方もあり、頭部をケアした状態でのウィッグや帽子の装着が一番であるとの判断から、医療用としての帽子やウィッグが開発されました。抗がん剤を服用する期間は、平均でも1年間。長い方になると2年超えの期間に渡り抗がん剤を服用する事もあります。その期間内も、通常の社会復帰を果たす事になりますので、外出・出勤といった行動も頻繁に行う事になります。こうした背景から、医療用抗がん剤治療を行う方の医療用ウィッグ購入の判断は、実際には9割近くの方が購入されているようです。少しでも精神的な負担を減らすためにも、プレジールウィッグでもこの医療用に開発されたウィッグの購入は、強くオススメしています。
購入される以外にレンタルでウィッグを使用するといった方法もありますが、長期間にわたり医療用のウィッグをレンタルで使用することになれば、結果として購入する金額と同等か、それ以上の金額になってしまいます。プレジールウィッグではそういった背景から、医療用ウィッグは購入を第一にオススメしています。



 ●抗がん治療と医療用ウィッグについて
 ●子供の抗がん治療について
 ●味覚・嗅覚低下の抗がん剤副作用
 ●副作用による皮膚への影響について
 ●爪障害による副作用
 ●手足症候群による副作用
 ●口内炎の副作用
 ●抗がん剤の副作用による吐き気について
 ●抗がん剤の副作用による食欲不振について
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先
抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 
医療用ウィッグ(かつら)専門店 プレジール商品一覧プレジールウィッグへ初めてご来店した方へのご案内

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ