抗がん剤による脱毛時のケア/抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ

医療用ウィッグ(かつら)プレジール 毛髪の減少・喪失について 抗がん剤による脱毛時のケア
医療ウィッグプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

抗がん剤による脱毛時のケア

毛髪のp減少・喪失について

抗がん剤による脱毛時のケア

脱毛の症状自体も服用した抗がん剤により差がありますが、一般的に抗がん剤の投与から約2〜3週間程度で脱毛の症状が始まります。脱毛への備えとして党委する医療用ウィッグ(かつら)は、脱毛が始まってから用意される方が多くいらっしゃいますが、なるべく脱毛前に医療用のウィッグ(かつら)を準備しておく事をオススメします。理由としては実際に医療用のウィッグ(かつら)準備するにあたって、高価な商品である分日数がかかります。早めの準備で心に余裕をもたせて、より治療に専念出来る環境作りを行いましょう。
自己で管理できる脱毛へのケアについて
・頭皮や毛髪を洗浄する為のシャンプーはなるべく濃度の薄いものを使用する
抗がん治療が始まると頭皮が刺激に対して敏感になります。また、医療用のウィッグ(かつら)自体も、濃度の薄いシャンプー使用を求められる事から、極力濃度の薄いシャンプーを使用しましょう。
・頭皮への刺激を避ける
敏感になっている頭皮への刺激を避ける事をオススメします。医療用ウィッグを購入される際に、安価な商品としてあるファッションウィッグでも使用出来ますが、頭皮への配慮(軽さ・柔らかさ・通気性等)が少ない分、長時間の装着が苦痛になるケースが多いようです。また、就寝時に医療用のウィッグは外して就寝する事から、医療用の帽子の備えもオススメ致します。
・ドライヤーの使用は低温で行う
ドライヤーの使用は、高温の温風をあてる事は望ましくありません。なるべく低温で使用しましょう。


 ●女性の薄毛について
 ●紫外線と抜け毛について
 ●抗がん剤による脱毛時の毛髪への注意
 ●抗がん剤による脱毛時のケア
 ●治療方法による脱毛の違い
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先
抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 

医療用ウィッグ(かつら)専門店 プレジール商品一覧プレジールウィッグへ初めてご来店した方へのご案内

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ