大腸がんの腹腔鏡手術について/抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ がんの手術 大腸がんの腹腔鏡手術
医療ウィッグプレジールHOME医療ウィッグプレジール商品一覧医療ウィッグプレジール試着

大腸がんの腹腔鏡手術

がんの手術について

大腸がんの腹腔鏡手術

大腸がんの際に行われる手術に、腹腔鏡手術と言われる手法があります。腹腔鏡手術とは腹部に小さな穴をあけて、その穴からCCDカメラを腹腔に入れて大腸の手術を行います。メリットとしては手術時にあける穴が小さい事から、術後の傷が目立たないといった特徴があります。また、術後の退院まで要する日数に関しても短く、10日前後で退院出来るのも特徴です。デメリットとして挙げられるのは、やはりカメラによる作業の為におこるがん細胞の見落としや、作業ミスに対する対処が困難になりがちな点です。
 ●抗がん剤の効能とは
 ●病院の転院について
 ●モルヒネの使用について

 ●大腸がんの腹腔鏡手術
医療用ウィッグ専門店プレジールでは、医療用ウィッグの試着や購入、商品知識に関するご相談やお問い合わせ、その他抗がん治療への悩みも含め、私たちで力になれる事でしたら何でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。医療用ウィッグプレジールお問い合わせ先
乳がん用下着の販売ならプレジール
乳がんの摘出手術を受けられた方へ、術後の下着やパッドを送料無料にてご提供致しております。
抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ TOPに戻る 

抗がん剤治療用ウィッグ かつら/プレジールウィッグ